マネードクター2019日本ゴールボール選手権大会レポート


11/2(日)東京・足立区総合スポーツセンターにて日本のゴールボールの頂上を決める戦い「マネードクター2019日本ゴールボール選手権大会」が行われた。


ゴールボールとは、全員が目隠しをして、音也振動などを頼りに戦う感覚的なスポーツである。視覚障害者をはじめ、健常者でもその目隠し(=アイシールドという)をつけることで、平等な条件のもと参加することができる。

フィールドにはそれぞれ3人ずつ参戦できる。

ボールはボーリングのような投げ方に近い。

そのボールを投げて、相手のゴールに入れたら勝ち、というルールとしてはシンプルなもの。ボールの大きさはバスケットボールぐらいで中には鈴が入っており、その音でボールがどこに飛んでいるのかがわかるという仕組みだ。


選手達はボールを投げる速度、方向、音などを巧みに操り、暗闇の中で自分の感覚をフルに使って戦う。ディフェンス側に回る際は、全身をグンと伸ばして体をフルに使って、全員でゴールを阻止する。

また、音を頼りにゲームが進んでいくので、試合中は審判の「クワイエットプリーズ!」の掛け声で一瞬に静まり返り、鈴とボールの音、選手達の音、声だけが響く世界となる。

暗闇と静寂、その2つの静けさの中で生まれるぴしっとした空気があるからこそ、ゴールが決まった時の歓声はより一層盛り上がるのだ。


今回観戦したのは、女子チーム九州なでしこ vs 国リハLady'sむさしずく、男子チームAmaryllis vs 所沢サンダースの2試合。


どちらのチームもさすが日本の頂上での戦いということで、どちらかが点を取ればその後再び追いついての繰り返しでなかなかにハラハラさせられる試合となった。


2019年の戦いは幕を閉じたが、まだまだ来年の2020年に向けてゴールボールの勢いはさらに加速していく。

Check it out!!

©2018-2020proudly created by IKIRU​ project